GPS情報だけじゃ不貞行為の証拠にならないGPSを浮気調査に役立てるには

GPS情報だけじゃ不貞行為の証拠にならないGPSを浮気調査に役立てるには
山口県の探偵社総合探偵社ミスシャーロック山口

こんにちは、探偵のK.T.です。
交際相手や配偶者が浮気しているのではないか、と疑った場合、多くの方はいきなり探偵に依頼すると高額になるため、まずは「GPS」を使いご自身で調査を行おうとするのではないでしょうか?
しかし、実はGPSは浮気の証明、つまり「不貞行為の証拠」にはならないんです。

この記事では、GPSを使った浮気調査がなぜ「不貞行為の証拠」にならないのか?「GPSで掴んだ証拠をどのように使えばいいのか」について解説しています。ぜひ読み進めて、GPSで調べた行動履歴を有効な証拠とするための方法を知ってくださいね!

GPS情報だけでは不貞の証拠にならない

冒頭でもご紹介したように、GPSの位置情報だけでは不貞の証拠にはなりません。
なぜなら、どこに居るのかは証明できたとしても、誰と居るのか証明できないからです。
たとえホテルや浮気相手の自宅にいたとしても「友人宅に行っていた」などと言い逃れされてしまうでしょう。
さらに不貞行為でパートナーから慰謝料を取りたいと考えている場合も、GPSの位置情報だけでは証拠として採用されないケースが多々あります。
不貞行為を理由に慰謝料請求まで考えているのであれば、GPSの位置情報よりも直接的な証拠を手に入れる必要があるのです。

GPSの位置情報はあくまでも「浮気をしていると判断するツール」として使いましょう!

GPSで掴んだ証拠の使い方

GPSで掴んだ位置情報の証拠をどのように使うのかについてですが、パートナーへの心理的な揺さぶりや、さらなる情報収集を行うために探偵へ提供するといった使い方をしてください。
まずはパートナーにGPSを使った位置情報で掴んだ情報を元に、揺さぶりをかけるパターンです。パートナーが浮気の証拠提示に動揺し、白状する可能性があります。しかし、白状しないケースではシラを切るだけでなく、今後GPSを切ってしまう可能性もあるため、慎重にタイミングを見計らう必要があるでしょう。

つぎに、GPSの証拠を元に、より確実な不貞の証拠を集めたい方は、探偵へGPSの位置情報を提供してください。その証拠を元に、ホテルへ出入りする際の証拠写真を撮影し、確実な証拠として残せるだけでなく、調査に関わる費用を安く抑えられるようになります。

GPSの位置情報を記録し、有効活用しましょう。

GPSで浮気の証拠が掴めたら、総合探偵社ミスシャーロック山口へ

浮気を疑ってGPSをつけ、相手の位置情報から浮気を確信するケースは多くあります。
もし不貞行為による慰謝料請求などを考えている方は、GPSの位置情報で掴んだ証拠を有効活用するために、ぜひ総合探偵社ミスシャーロック山口へご相談ください。

相談、見積もりは無料でご利用いただけますので、お気軽にラインやお電話でお問い合わせください!

Share:

お知らせ・ニュース・Blog

浮気調査

妻の浮気1

妻の浮気調査の依頼が増えています、全国的にも、男性の浮気より、増えている傾向にあります。
妻の職場での同僚や上司との浮気の比率が高い傾向にあり、妻の浮気に悩んでいる男性の調査依頼が劇的に増えています。

浮気

浮気の見抜き方3

見抜き方3、 浮気を行っている人の行動パターンは以下のような行動パターンがあります、その浮気を見抜く方法について解説を行います。

浮気

浮気の見抜き方2

見抜き方2、 浮気を行っている人の行動パターンは以下のような行動パターンがあります、その浮気を見抜く方法について解説を行います。

浮気 行動

浮気の見抜き方1

見抜き方1、 浮気を行っている人の行動パターンは以下のような行動パターンがあります、その浮気を見抜く方法について解説を行います。